犬も人間と同じで年齢を重ねるごとに食事を消化する機能が衰えてきます。また、口腔内の環境を考えても歯が弱くなってしまうことなどがあります。そのためドッグフードを選ぶ際に、年齢で選んであげる事も重要になるでしょう。多くのフードは1歳から6歳まで、7歳以上などと分かれています。6歳までの若い犬であれば硬くて栄養価の高いものを与えますが、7歳を過ぎた頃からはソフトタイプで、比較的噛み砕きやすいものや消化に良い工夫がされているフードとなっています。
7歳を過ぎた犬に対し、6歳までの餌を与えてしまうと消化不良を起こしたり、内臓にも大きな負担をかけてしまいますので、年齢で選んであげることも忘れずにいなければなりません。まだ若い犬に対し7歳以上や8歳以上の犬が食べるフードそれから缶詰になった柔らかいフードばかりを食べさせていると、あごや歯の発達にも支障が出てしまいますので、このような部分からも年齢に合わせたフード選びをすることが重要になります。
もちろんお誕生日などといった場面で犬用のケーキを食べさせることや、ごちそうとしてお肉を食べさせることは構いません。しかし日常的に食べさせるご飯についてはできるだけ犬専用に販売されているフードを選びましょう。さらには缶詰のように柔らかいものばかりではなく、固形になったフードを食べさせてあげる方があごがしっかり発達することや、噛むことで歯がきれいに維持されるといったメリットを持っています。